Ciere〜優しい魔女のはなし〜

2016.08.12 Friday

0

     

    こんにちは、奈緒弥です。

     

    08/09から、CV様の募集を開始いたしました新作『Ciere〜優しい魔女のはなし〜』

    こちらについてちょこっとだけ書きます。

     

    ▼Ciere〜優しい魔女のはなし〜

     

     

     

    今作品は、「ゆるふわを貫き通すことを目的としたファンタジー作品」です。

    いつも似たようなほの暗いシリアス全開なえげつない話ばっかり書いているので、

    たまには綺麗なものを書きたくなりました……。

    雰囲気としては、自作品「ちょうむすび」に近いのではないかと思います。

     

    ●あらすじ

     シエールは、人間の村に生まれた女の子。
     しかし彼女は、村の人間たちとは少し違う、不思議な力を持っていました。
     そのせいで怖がられ、ついには村を追いだされ、「妖精の森」と呼ばれる不思議な森に捨てられてしまいます。
     その森で出会ったのは、ライゼという"旅人"の男の子。
     彼は言います。
     「皆と違ったって、お友達にはなれるさぁ。今日からボクたちは、友達だよ。」 

     これは、"魔女"の少女シエールと、森の妖精たちの友情を描いた、優しい物語。 

     種族とか、見た目とか、全部が違っても、
     お友達になれるって教えてくれたのは、皆なんだよ。

     

    ……と、まあ、こんな感じのお話です。

    表テーマは「友情」です。裏テーマ(というか真のテーマ)はまたいつかどこかで触れます。(多分)

     

    今までずっと作品に登場する色々のモチーフは「神様」だったのですが、なんで急に「妖精」モチーフになったのかと言いますと、

    丁度つい最近、イギリス文学の妖精譚を集めた作品を読みまして、

    「こんなのも妖精って言うのか、妖精って奥深いな?!」と思ったのがきっかけです。

    メロウとか、要するに人魚だけど、あれも妖精なんだ...とか

    妖精ってすごくファンシーなイメージがあったのですが、デュラハンとかヴァンシーとか、「それ幽霊では?」みたいなのも妖精扱いだったり。

    妖精って面白いなー妖精ものやりたいかもー...みたいな安易な気持ちで書いたのがこの作品です。

    もっとたくさん色々な妖精出したかったんですが、「ゆるふわを貫き通す」という当初の予定を狂わせないために、フェアリー、メロウ、ドワーフに絞りました。(この三種がどうこう、というより多く出すとゆるふわの引き出しが少ないからシリアスに走りそうになるので(笑))

    続編とか書くときがあればもっと色々出します。

    また、その妖精に関して、設定に自己解釈というか所謂「俺設定」を加えているので、従来の「妖精」とは少し離れているかもしれません。そこはご了承ください。

     

    「ゆるふわを貫き通す」を遂行するべく、手は抜いてないけど力は抜いて書きました。

    軽〜い気持ちでゆる〜く楽しめるような作りにしたので、今回は今までの作品と違って深さとかほとんどないです。

    ただそんな軽さなので、粗はいつもより多いかも...しれない...っていう懸念はあるのですが。

     

     

    さて、今回はこのあたりで。

    皆様と楽しく作品作りができるのを楽しみにしております。

     

     

    奈緒弥

    コメント
    コメントする